梅雨のときのだるさ

今年の梅雨は雨が多いですね。

ここ数年は、梅雨入りすると晴れの日が続いていたりすることが多かったように思いますが、今年はしっかり降っています。

 

梅雨に入ると身体がだるくなったりすることが多くなります。

これは、湿度が高い状態が続くと汗をかきづらくなり、代謝が悪くなることや、

日によって真夏のようだったり、涼しかったりする気温差による自律神経の乱れが要因の一つとして考えられます。

 

代謝を上げるためには、しっかり運動してよく食べてよく寝ることが一番ですが、言うのは簡単ですが実行するのはなかなか難しいです。

一つの方法としては、疲労をためないことです。

 

疲労をためると、筋肉が硬くなり、血行が悪くなります。

そうするとより代謝が悪くなり、さらにストレスも増えてくるため、自律神経の乱れにもつながります。

 

整体やマッサージなどで硬くなった筋肉をしっかりほぐして、血流を上げることで代謝のアップが見込めます。

さらに、身体がスッキリするとストレスの軽減にもつながります。

 

あまり無理せず、身体に休息を与えてあげることも重要です。