立川 マッサージ 整体・足裏・アロマで肩こり・腰痛に

立川駅1分 ほぐし整体・足裏マッサージで肩こり・腰痛に


東京都立川市柴崎町3-6-5五十嵐ビル3F

頭痛

頭痛に|立川 健康スタジオ15/3/3

こんにちは、立川の健康スタジオです。

今日はまた寒さが戻ってきてしましました。

明日は、気温がぐっとあがるそうです。

花粉も心配ですが、この季節の変わり目は寒暖差で体調を崩すことがよくあります。

このようなときは頭痛が起きることもよくあります。

そこで、頭部コースを少し新しくしました。

(さらに…)

立川 健康スタジオより15/1/26

こんにちは、立川の健康スタジオです。

朝方はどんより曇っていて寒い感じがありましたが、ちょっと日が差してきました。

 

最近、頭痛でつらいというお客様がよくいらっしゃいます。

普段の生活での姿勢や目の酷使などが主な原因な場合が多いですが、

寒暖差による自律神経の乱れから起こることもあります。

自律神経を整えるには、ゆったりと施術を受けていただき、身体をリラックスさせて

副交感神経を優位にさせることも一つの方法です。

 

ちょっといつもより頭が重い、目の奥がつらいなどということがある場合は、早めにほぐして身体をリラックスさせてください。

 

 

目の疲れと頭痛|15/1/9

こんにちは、立川の健康スタジオです。

今日も立川はいい天気です。

電車の中からは富士山がきれいに見えましたね。

遠くをみると目が安らぐのがわかります。

 

最近は、電車の中では、本を見るよりもスマートフォンや携帯電話、携帯ゲームの液晶画面を見ている人が圧倒的に多いですね。

ということは少しうつむいて小さな画面を見ている姿勢というのが当たり前のことになっているということです。

 

この姿勢はちょっと下を向いているだけですのでそんなに疲れないように思われますが、目(頭)・首・肩・背中への負担がかなり大きい姿勢です。

特に液晶画面は目の疲れの大きな要因の一つです。

この目の疲れは、休んでも目の疲れが取れない眼精疲労ドライアイ目の奥の痛みからくる頭痛になりやすいです。

 

目の奥の痛みからくる頭痛は目の疲労感、ひどい頭痛、吐き気など多くの苦痛を伴います。

この頭痛の場合、後頭部と首の境目あたりにコリや痛みを感じます。

このあたりに目の疲れのツボとして有名な「風池」・「天柱」があります。

 

目の疲れからくる頭痛には、目の周りをほぐす、温めるということも有効ですが、後頭部の際にある風池・天柱をグーッとツボ押ししたり、温めることで和らげることができます。

しかし、上記にあるように目(頭)が疲れて痛みがある場合、同時に首・肩や背中へも負担がかかっていることが多いです。

 

実際に、首・肩・背中を丁寧に施術していくと、押されて痛みを感じる部分が多くあることに気付くと思います

この痛みを感じるポイントやコリを丁寧にほぐしていくことが重要です。

 

目の疲れ・目の奥の痛みからくる頭痛へのセルフケアとしては目の周りや後頭部を指で押してほぐす、温めるということができると思います。

しっかり対処する場合は、健康スタジオの丁寧な施術をご利用ください。

 

外はすごく寒く、すごく乾燥しています。

インフルエンザの流行のピークがきているみたいですので、外出するときはマスクをして暖かい格好でお出かけください。

肩こりと頭痛

肩こりと頭痛の関係

肩こりがひどくなってくると頭痛になるという方も多いのではないでしょうか。

この場合の頭痛は、以前紹介した緊張型頭痛と呼ばれるものです。

当店にお越しになるお客様の中にも、頭痛が何日も続き、心配になったため病院で診察を受けたという方がよくいらっしゃいます。

 

診断の結果、首から肩にかけての筋肉のこわばりが原因であると思われるためマッサージや整体でほぐした方が良いということが多いみたいです。

首から肩にかけては、多くの筋肉がついていて、それによって頭を支えています。

(頭の重さは成人で、体重の約10%ほどといわれていますので、体重50kgの人で約5kgとなります。)

 

この首から肩にかけての筋肉で1番有名なのが僧帽筋といわれる身体の表面の大きな筋肉です。

僧帽筋黒い部分が僧帽筋です

僧帽筋が固まってくると肩こりを感じるようになり、この僧帽筋の下にある多くの筋肉が固まってくるとよりひどい肩こりになっていきます。

この多くの筋肉のうち、後頭部・首からつながる筋肉が固まってくると頭痛を起こしやすくなります。

この固まっている筋肉を押すとジーンと頭まで響くことがありませんか?

そのコリ・ポイントを丁寧にほぐすことで肩こり・頭痛の緩和につながっていきます。

緊張型頭痛はこちら

緊張型頭痛とは

<緊張型頭痛と整体・足裏マッサージ> 

頭痛と一言で言ってもいろいろなタイプがあります。

その中でも、当店の施術に合う頭痛が緊張型頭痛です。

緊張型頭痛は、いわゆる頭痛とよばれる症状の7~8割を占めるものです。

特徴としては、頭をギューっと締め付けられるような痛みです。

原因としては、心身のストレスが1番です。

緊張や不安などの心的なストレス、デスクワークなどでの長時間の同じ姿勢、少しうつむいた姿勢による身体へのストレスで頭・首・肩・肩甲骨周りの筋肉が固まることによる血流の悪化が関係しています。

これにより、頭・首・肩・肩甲骨まわりに押すと頭の方まで響く「コリ」ができます。

対処法としては、この「コリ」を鎮めることです。

(完全になくすためには、姿勢・食事・睡眠・仕事などの生活習慣の見直しも必要と思われます)

「コリ」を鎮めるためには、コリになっているポイントをしっかりとらえて施術し少しでも緩めていくことです。

落ち着いた店内でリラックスして施術を受けることで、心身のストレスを軽減させていきましょう♪

片頭痛はこちら

 

片頭痛とはどういうものか

片頭痛とはどういうものか?

特徴としては、頭の片側(両側の時も多い)がドクンドクンと脈打つように痛み、吐き気を感じたり(実際に嘔吐することも)します。

緊張型頭痛との見分けが難しいところもありますので、脳神経外科などの病院で診断してもらうのが確実です。

片頭痛の原因としては、血管拡張説や三叉神経血管説などがあり定かではないようです。

緊張型頭痛と片頭痛の対処は真逆になりますので注意が必要です。

・緊張型頭痛・・・基本的に血流をよくする

・片頭痛・・・基本的に血流をおさえる

処方された薬を飲む以外の対処としては、

・静かなところで休む(1時間ほど)。一眠りくらいがちょうどいいかんじ。

・頭を冷やすか温めるかは効果に個人差があります。楽になる方を選択しましょう。

 

以上のことから、整体やマッサージは片頭痛には向いていないということになります

整体やマッサージを受けて頭痛がよりひどくなる場合は片頭痛の可能性があります。その場合は、病院で診断を受けることでより正確に対処ができるようになります。

 

当店では、酸素コースがおすすめです。

ゆったりリラックスして酸素を吸入しますので、眠ってしまう方がほとんどです

酸素コースはこちら