揉み返しと好転反応

整体やマッサージを受けた後の揉み返しという言葉をよく耳にすることがありませんか?(足裏マッサージの施術後の反応でも少しお話ししています)

施術後に痛くなったり、だるくなったり、余計に症状が悪化した感じがすることをすべてひっくるめて揉み返しと表現していることが多いように思われます。

 

いわゆる揉み返しと呼ばれるものは、コリやツボ、筋肉の状態を考えずにただ力任せに押したり揉んだりした結果、筋肉の筋繊維を痛めることでおこる身体の不快な痛みをいいます。

 

もう一つ、好転反応と呼ばれるものがあります。

こちらは、施術後に身体がだるくなる、不快ではない少しの痛みある、尿の色が濃くなるなど一見すると症状が悪化したように思える状態です。

これは、身体にたまっていた老廃物などが一気に流れ出すことでおこる現象で時間がたつと症状がおさまり、よりスッキリしてくる反応です。

 

すごく久しぶりに施術を受けた時や疲れや肩こりなどの状態がひどい時に起こりやすいです。

施術を受けた日はゆっくりできるとより身体にとっていいですね。

 

また、人間の脳は疲れがたまりすぎると疲れに鈍感になっていきます。

そのため、自分ではそんなに疲れていないと思っていても、施術を受けると疲れていたという感覚が呼び戻されて、どっと疲れが出たように感じるのです。

緊張型頭痛やぎっくり腰などはこのように鈍感になっていることで引き起こされることが多いです。

急に痛みがでるというよりは疲れに鈍感になっている中で徐々に蓄積されたものが限界を超えたときに症状となって現れたんですね。

 

疲れや痛みは身体からの危険信号です。

早めに身体をケアしていくことで、健康な生活を続けていきましょう!

 

前の記事

疲れ目と眼精疲労

次の記事

梅雨のときのだるさ