疲れ目と眼精疲労

疲れ目とは、目が疲れを感じたときに休憩したり睡眠をとることで症状がおさまる程度の目の疲れ。

眼精疲労とは、休憩や睡眠ではとれない目の疲れ。

眼精疲労の場合、首こり肩こり頭痛も同時に引き起こすことがあります。

眼精疲労の要因としては、

・近視や遠視、老眼などによるもの

・ドライアイや緑内障など目の病気からくるもの

・精神的ストレスによる自律神経の乱れからくるもの

・目の使い過ぎ

以上のことが主なものとしてあげられます。

一番身近なものとしては、目の使い過ぎではないでしょうか。

目の使い過ぎといっても目を動かし過ぎて疲れるということではなく、目を長時間動かさないことで起こる疲労です。

一番の要因はパソコンやスマホ、携帯電話などの液晶画面を見ることです。

 

このような液晶画面は、長時間見てしまうことが多いため、目の周りの筋肉の緊張が続き、凝り固まってしまい疲労につながります。

適度な休憩を入れて、目を上下左右に動かすことで、目の周りの筋肉を緩めてあげると疲れ目の状態で維持でき、睡眠をとることで回復できます。

しかし、気づくと長時間、画面を見てしまうということが多いため、休憩も忘れがちで眼精疲労になってしまうということがほとんどではないでしょうか。

 

眼精疲労になってしまったら、しっかりほぐすことが一番です。

目の周り・頭・首・肩周りをほぐすことで全体の血流が良くなり、スッキリします。

首、特に後頭部のキワのあたりには目の疲れに効くツボがありますのでしっかり刺激しましょう!

 

当店では、お時間がないときでも集中してほぐせる頭部コースが最適です。

お時間に余裕がある場合は、お体のコースで全身も一緒にほぐすとさらに効果的です!

 

前の記事

立川でまんパク

次の記事

揉み返しと好転反応